破産・整理の法律ガイド ※文字サイズ変更できます



個人の信用情報を調べるには?


金融業者の個人信用情報機関とは?

金融業者の個人信用情報機関には、次のようなところがあります。

全国信用情報センター連合会
⇒ 消費者金融
株式会社テラネット
⇒ 銀行系クレジット会社など
株式会社シー・アイ・シー(CIC)
⇒ クレジット会社、信販会社など
株式会社シーシービー(CCB)
⇒ 外資系クレジット会社など
全国銀行個人信用情報センター
⇒ 銀行など

また、上記機関では、債務者に関する以下のような情報を登録しています。

■氏名
■住所
■生年月日
■勤務先
■電話番号
■極度額
■契約日
■利用残高
■支払い回数
■月々の支払い状況...など

さらに、一部の機関相互では、事故情報について情報交流をしているようです。

個人の信用情報はどうやって調べたらよいですか?

自分の登録されている情報を開示してもらうには、上記の個人信用情報機関で所定の申込み用紙を使って申し込むだけですので簡単です。

また、情報を開示してもらった結果、誤りがあれば訂正を申し出ることも可能です。

ただし、これは正規の業者になりますので注意してください。ヤミ金業者などはそもそも登録されていませんので、そのようなところから借りた場合には不明となります。

情報開示手続きは、本人でないとダメですか?

情報の開示手続きは、原則として本人が行かなくてはなりません。

しかしながら、事情によって本人が行けない場合には、親族などの場合には代理が認められるようです。 ただし、これも各機関によって取扱いが異なりますので、確認が必要です。

なお、情報機関によっては、郵送での開示手続きを認めているところもあるようです。


スポンサーリンク

破産手続
根保証制度の改正
消費者団体訴権
司法書士の債務整理とは?
弁護士への依頼で取立ては止まる?

消費者相談窓口
違法な年金担保融資等の防止するための貸金業規制法の改正
借金整理の方法は?
個人の信用情報を調べるには?
債務整理の弁護士費用は?


Copyright (C) 2007-2012 破産・整理の法律ガイド All Rights Reserved